gallery lara tokyo

つるつるのみちをとおってかなたをさわりに_地形図 2016


浅井 真理子 ” BLIND GARDEN “




11月10日~ 12月03日
13:00-19:00 金・土・日 開廊
*opening reception
11/10(金) 18:00-21:00

会場: 六本木605画廊
〒106-0032 東京都港区六本木7-5-11-605
tel: 03-3403-8690  地図はこちら



浅井 真理子 個展 「BLIND GARDEN 」

この度Gallery Lara Tokyoでは、浅井 真理子 個展 「BLIND GARDEN 」を開催の運びとなりました。近年国内外の様々な場所での制作、展示を続ける作家が、六本木の小さなスペースの中に、ただの四角ではない新しい地形を作り上げました。ぜひともご高覧くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

    *****

浅井真理子

移動のなか、その生活のなかで、世界との距離をはかり、複雑に絡み合う感覚の深層を可視化す ることを制作の中で試みている。 近年は「見えない」という認識の仕方にも興味をもっている。

2000 旅籠町町屋プロジェクト 佐藤宅(東京)、
2003 朝食前の嘘 秋吉台国際芸術村{山口 ]、
2011 haifa biennale[ハイファ・イスラエル]、
2012 聞こえない声は空に溶け拡散する 愛知県 立芸術大学サテライトギャラリー,豊田市美術館、[愛知]、
2015 つるつるのみちをとおってかな たをさわりに gallery COEXIST TOKYO[東京], CAI02[札幌]
2016 BLIND GARDEN 問屋まちス タジオ[金沢]、
2011~2017 町の中でその場で過ぎ去るものを追うsomewhete not here work on progress シリー ズを国内外各地で行っている。 
Para Hotel(旧白井屋)、草野心平文学記念館/もりたか屋(洋品 店)[福島]、ハンマーヘッドスタジオ[神奈川]、Kysten Studio/ kinnerps(家具屋)/ SNE(不動産屋 ) [トロムソ]、Center For Northern People[[マンダーレン]、豊田市美術館[愛知]など

今回は2012年から現在の移動の中で制作した作品をもとに、Gallery Lara Tokyo の空間やその時 間をとりこみながら、新たな仮設の地形を制作します。

トロムソーニーザーシーボットンーニーザ
サッポローニーザーカナザワーニーザ
そしてトウキョウ・ロッポンギに

あっちがこっちになる繰り返し 行き来と時間の中で いばしょをかえながら、みえないをみる まなざしの庭 ガラスの目の視線の先 感圧紙に沈む視線の触覚 東京都心の 少し似ていない双子のような空間と 見えない目に見えること、 見える目にみえないことを、 彷徨う視線を交錯する

「blind Garden」  




展示作品

現在作品の登録がありません。もう少々お待ち下さい。

作品に関するお問い合わせ、ご購入はこちら